借地権と相続

土地の利用に際しては、購入するという方法のほか、借りて利用するという方法があります。
この場合には法律的にどのような処理が行なわれているのでしょうか。
購入する場合にはその土地の「所有権」が売買される、というのが正確な内容です。
所有権を手に入れるということは、その土地に付随している権利も原則としてすべて自分のものとして移動することになります。
(ただし、地上権などがすでに別の人に売買されていた場合は別です)。
対して土地を借りるという場合には「借地権」を購入する形となります。
所有権はあくまでも地主のものであり、そこを借りて使わせてもらっているだけ、という扱いになるわけです。

こうなってくると自分が所有者の場合と違い、その土地をどのようにでも使えるというわけではなくなります。
何かをする場合には地主の許可を得なければなりません。
特に問題となるのが、借地権の移譲です。
通常、借地権というのは「その人に対して」貸し付けるものであり、勝手にこれ別人に売却することは出来ません。
地主は「その人だから」貸しているのであって、誰にでも貸すというものではないためです。

では、もし自分の家が借地権を利用して建っているとして、その借地権の持ち主が死亡した場合、その土地の扱いというのはどうなるのでしょうか?家自体は自分のものであるため相続できるものの、借地権がどうなるのかによって家の扱いが変わることになります。
ここでは、借地権と相続について紹介します。